住宅ローン 厳しい 返済

毎月の住宅ローン返済が厳しいなら@生活見直しの第一歩

住宅ローン 厳しい 

・高い家賃を払っても自分のものにならない賃貸物件は勿体ない。
・歳を取ってから賃貸物件を借りられるか心配。
・40歳前にローンを組んでおかないと銀行が貸してくれなくなる。

 

多くの人がこのような理由でマイホームを急いで購入します。

 

・頭金なしでも大丈夫です。
・年収が少なくても買えます。

 

そんな甘い言葉をかけられたら、買わなくちゃと思うのも無理がありません。

 

でも毎月の住宅ローンが厳しいと感じているなら、それはちょっと無理な買い物だったと言わざる得ません。

 

住宅ローンが厳しくて生活に困った時は、早めに弁護士や司法書士の専門家にご相談ください。

 

あなたの知らない良い解決方法があるかもしれません。
まずは気軽にご相談ください。

 

 

 

円滑な借金の解決方法

借金 ばれた

借金 弁護士

借金 内緒

借金 解決方法

 

大きな額の借金があることもショックだけど、ずっと内緒にしていたということで家族の信用をなくしてしまいました。
何とか返そうとしても金利だけ返すのがやっとで完済までの道のりは遠い。
もう、どうすればいいのか・・・。

 

実はこのようなケース、多いのです。

 

まずは法律のプロである弁護士や司法書士の専門家に無料相談してみましょう
あなたの借金、減額できるかもしれません。

 

借金が返せなくなったら自己破産すればいい。
自己破産すればとりあえず借金はなくなるので、これ以上家族に迷惑はかからない。
しかし、自己破産には多くのデメリットがあります。

 

借金 解決

 

自己破産は本当にどうしようもないときの最終手段です。

 

即日取立てをストップさせることもできますので、もう1人で悩まないでください。

 

1人で悩まずにぜひご相談ください。

 

 

借金の取り立てにもルールがあります。

 

借金の返済が遅れると、取り立て屋が玄関で大声を出して騒いだり、大勢でおしかけたり、ドアに張り紙をしたり、会社に押しかけるなどの嫌がらせ行為を受けることがあります。

 

ドラマのようですが実際に行われた人もいます。
しかしこれらは完全に違法行為です。

 

貸金業法ではサラ金などの貸金業者に取り立て禁止の行為が決められており、違反をすると2年以下の懲役または300万円以下の罰金が課せられます。

 

借金の取り立てにもちゃんとしたルールがあるのです。

取り立ての時間は午後9時〜翌朝8時までは理由のない取り立て行為が禁止されています。

 

会社に押しかけたり、しつこく電話をするなどの取り立て行為も禁止されています。

 

玄関ドアや車に何かを貼り付ける嫌がらせももちろん違法行為です。

 

親や兄弟の借金を肩代わりする必要もありません。連帯保証人でなければ、そもそも返済義務はないのです。

 

借金を返すための他社からの借金を強要したり、クレジットカードで商品を買わせて換金する行為も違法です。

 

困った時は弁護士・国民生活センター・金融庁、財務局・警察などに相談しましょう。